入れ歯・義歯

むし歯や外傷で失った歯の機能を人工的に取り戻す、一般的な手段です。さまざまな素材や形のものがありますが、残っている歯を守るためにも患者さんに合ったものが必要です。

入れ歯・義歯について

入れ歯・義歯について

入れ歯・義歯やブリッジは、何らかの理由で失った歯の両側に金属クラスプ(バネ)をかけたり、両隣の歯を削って型を取り、一塊の繋がった人工歯をはめて使う、患者さんが取り外しできる人工の歯です。部分入れ歯と総入れ歯の2種類があり、患者さんの歯の状況に合わせて作られます。

外傷・むし歯などで歯を失った方へ

外傷・むし歯などで歯を失った方へ

入れ歯は失った歯の役割を果たします。歯を失ったままにしておくと、食事がしにくいだけではなく、徐々に歯が移動してしまい、噛み合わせがずれ、アゴに痛みを生じることや、歯磨きをしにくい歯並びになってしまうこともあります。
今残っている歯にも悪い影響がありますし、入れ歯や義歯を使うことで健康を取り戻すチャンスが大幅に増えるので、歯がない方は是非一度ご来院ください。

当院の入れ歯治療について

入れ歯はインプラントと比べると、「手術が必要ない」「何度でも作りなおせる」「インプラントに比べると安価」などのメリットがあります。当院では金属が目立たない物、柔らかい素材の物など様々な種類の入れ歯を扱っております。気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ノンクラスプデンチャー

金属バネのない入れ歯で、当院ではバルプラストを取り扱っています。歯の表面に金属クラスプ(バネ)がないので、欧米では「入れ歯のエステ」と呼ばれるほど審美性に優れた入れ歯です。
金属バネを使わないので金属アレルギーの方にも安心です。見た目は、一見入れ歯を入れているようには見えません。無味・無臭で安全性が高い入れ歯です。

保険適用の入れ歯のメリット・デメリット

  • メリット

    • 保険適用で作れる
    • 着脱がしやすい
    • 治療が比較的短期間で済む
  • デメリット

    • 入れ歯を支えるために、周囲の健康な歯に圧力がかかる
    • 機能を優先しているため、審美的な問題がある
    • 食べかすなどが残りやすく、残っている歯を失いやすい

ノンクラスプデンチャーのメリット・デメリット

  • メリット

    • 義歯床の厚さはかなり薄くて弾力性が高く、違和感も少ない
    • 本来の歯のような着け心地でグラつきが少ない
    • 自然な発音での会話ができ、自分の歯のような咀嚼が実感できる
    • 金属アレルギーでも使用できる
  • デメリット

    • 自由診療となる
    • 適応できない場合がある
    • 定期的に作り直す必要がある

入れ歯・義歯の保険対応について

入れ歯は基本的に保険診療が中心なので、患者さんにはまず保険診療での治療をおすすめします。ノンクラスプデンチャーなどのご希望がある場合は自由診療についてもご説明します。

歯を失ったら健康のためにもご相談ください

歯は1本抜けると、その周囲の歯も揺らぎ始めますので、歯がなくなっている人は是非ご来院ください。
最近では入れ歯やブリッジ以外にもインプラントといった選択肢もありますが、それぞれのメリット、デメリットをお話し、一番良いと思われる選択肢を選んで頂くことが大切だと思っています。

お問い合わせはお気軽に

ご予約・ご相談はこちら

Close
診療時間
 

月~金

09:30~12:30
14:30~18:30

休診

木曜午後/日/祝

  • 044-857-3388
  • メールお問い合わせ
pagetop